濃茶の正客の作法手順は?問答や主客総礼のタイミング備忘録

茶道の抹茶の飲み方にはお薄茶とお濃茶の2種類があります。

今回はお濃茶の客ぶりをメモしておこうと思います。

大まかな各服点の流れは下記のようになります。

※裏千家茶道も流派や先生によって違いがあります。個人的備忘録です参考までにどうぞ(^_^

濃茶のお客のふるまい手順

  1. ①主客総礼:亭主が蓋置に柄杓を引いたら
  2. ②正客がお抹茶を飲む
  3. ③問答1:お茶とお菓子について
  4. ④お茶碗を拝見する
  5. ⑤主客総礼:お茶碗が亭主に戻ったら
  6. ⑥問答2:茶碗について
  7. ⑦拝見を願い出る
  8. ⑧道具を取り込み、拝見をして、返す
  9. ⑨問答3:お仕覆・お茶入・お茶杓について
  10. ⑩主客総礼:亭主が茶道口にさがったら

①主客総礼:亭主が蓋置に柄杓を引いたら

お客が席入りすると、亭主がお茶を点てるのに必要な道具を運んでいきます。


▼ ここがタイミング! ▼
亭主が点前座に座り、蓋置に柄杓をひくと

主客総礼します。

亭主はお点前を続けます。

②正客がお抹茶を飲む

亭主が濃茶を出したら、正客は取りに出ます。

正客は自席へ戻り、次客との間に茶碗を置いたら

お客は全員一礼します。

正客だけがお茶をいただきます。


▼ ここがタイミング! ▼
正客がひと口飲むと

亭主「お服加減は」
正客「大変けっこうでございます」

飲み終えたら、紙古茶巾で拭きます

清めた茶碗は右膝の右側に置いておきます

③問答1:お茶とお菓子について

亭主は連客のお茶を点てはじめます。

亭主が茶碗の乗ったお盆を出し、次客が取りに行きます。


▼ ここがタイミング! ▼
次客が一口飲んだら問答をします。

正客「お茶銘は?」
亭主「大宗匠お好みの慶知の昔でございます」

正客「お詰めは?」
亭主「丸久小山園でございます」

正客「前席のお菓子は?」
亭主「白玉椿でございます」

正客「御製は?」
亭主「とらやでございます」

正客「ありがとうございます」

④お茶碗を拝見する


▼ ここがタイミング! ▼
お詰めが茶碗がのった盆を返し、席に戻ったころを見計らって

正客「お先に」(次客に)

と一礼して茶碗の拝見をします。

詰めまで茶碗を拝見し終えたら、正客と次客は出会いで茶碗を亭主に返します。

⑤主客総礼:お茶碗が亭主に戻ったら


▼ ここがタイミング! ▼
亭主がお茶碗を持ち、点前座に置いたら

主客総礼します。

⑥問答2:茶碗について

そのまま問答をします。(亭主は動作をしたまま受け答えします。)

正客「さきほどのお茶碗は」
亭主「長次郎写の大黒でございます」

正客「どうもありがとうございました」

亭主が茶碗に湯を入れてお湯を捨て茶碗を置いたら

亭主「おしまいにいたします。」

と声がかかるので、

正客は受けて一礼します。

亭主はお点前を続けます。

⑦拝見を願い出る


▼ ここがタイミング! ▼
亭主が水差しの蓋を閉めたら

正客「お茶入・お茶杓・お仕服の拝見を」

と願いでます。

⑧道具を取り込み、拝見をして、返す

亭主が道具をすべて片付けふすまを閉めた頃に

正客は道具を取り込みます。

道具は右側、畳の縁内に置きます、

自分に近い方から、茶入・茶杓・仕覆になります。

正客「お先に」(次客に)

と一礼を拝見をします。

拝見をした道具は次客へ渡します(畳の縁内)

拝見が終わったら、お詰めと正客で出会いでお道具を返します。

⑨問答3:お仕覆・お茶入・お茶杓について

亭主が茶道口から出て、お道具の前に座り、


▼ ここがタイミング! ▼
互いに一礼して問答を始めます。

お茶入の形
お茶入の窯元(製作場所)
お茶杓のお作(製作者)
お茶杓のご銘(茶杓の名前)
お仕覆のご銘(裂地の名前)
お仕覆のお作(製作者)

の順に聞きます。
※出てくる名称はすべて仮想です

正客亭主
「ありがとうございました」(真の礼)

正客「お茶入は?」
亭主「肩衝でございます」

正客「お釜元は?」
亭主「瀬戸でございます」

正客「お茶杓は?」
亭主「11代 玄々斎でございます」

正客「御名は?」
亭主「洗心でございます」

正客「お裂地は?」
亭主「珠光緞子ございます」

正客「お仕立ては?」
亭主「友湖でございます」

正客亭主
「ありがとうございました」(真の礼)

⑩主客総礼:亭主が茶道口にさがったら

亭主が茶杓と茶碗を持ちかえり、茶道口で

主客総礼して終わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました