四規と七則

四規(しき)

「和」
お互いが仲良くすること

「敬」
お互いを敬い、自らを慎むこと。

「静」
心を清らかに保つこと

「寂」
どんな事態に直面しても動じないことを心がけること

七則

「茶は服のよきように点てる」

「炭は湯の沸くように置き」

「花は野にあるように」

「夏は涼しく冬は暖かに」

「刻限は早めに」

「降らずとも雨の用意」

「間客に心せよ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました