略式床(りゃくしきどこ)

床の間の形式で、本床(ほんどこ)とよばれる4条件を満たしていない、簡易的な床の間のこと。2〜3畳の小間の茶室では略式床が多く見られます。

略式床の有名な茶室

今日庵(壁床)

壁床という壁に掛け物をそのままかける。1畳台目(いちじょうだいめ)という2畳にも見たない茶室で、千利久の孫である宗旦(そうたん)が作りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました